中日2位指名の日体大・森は「ドラ1の両取り」…米村チーフスカウト「残ってないんじゃないかと…」

2020年10月28日 20時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
米村チーフスカウトから与田監督のサインが書かれたドラフトIDを受け取る日体大・森博人

米村チーフスカウトから与田監督のサインが書かれたドラフトIDを受け取る日体大・森博人

  • 米村チーフスカウトから与田監督のサインが書かれたドラフトIDを受け取る日体大・森博人
 中日からドラフト2位指名された日体大の森博人投手(22)が28日、同校で松永編成部長、米村チーフスカウトらから指名あいさつを受けた。米村チーフスカウトは、うれしい誤算での“ドラ1”両取りだったことを明かした。
 ドラフトに向けたスカウト会議で、竜のスカウト陣は森を1位候補に位置付けていた。ただ、中京大中京高・高橋の1位指名を決めた時点で、森は他球団が1位で指名すると思われていた。
 「1位指名が終わった後に残ってないんじゃないかと思ってました。われわれも驚いてますし、縁があったんだなと感じますね」と振り返った米村チーフスカウト。全体22番目の2位指名で、即戦力右腕の交渉権を獲得した。
 先発と中継ぎ、どちらでの起用かは現場に一任する方針。今年から先発としての登板を重ね、力んで高めに浮きがちだった制球が安定してきた。
 スリークオーター気味のフォームから最速155キロの直球を投げ込むスタイルに、松永編成部長は「タイプ的には益田(ロッテ)みたいな感じかな」とプロ通算9年で500試合以上に登板する右腕の名前を挙げた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ