本文へ移動

翔猿「ワクワク感が強いです」11月場所は自己最高位の西前頭4枚目「思ったより上がった」と気合十分

2020年10月28日 19時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
関取衆と稽古をする翔猿

関取衆と稽古をする翔猿

 秋場所で千秋楽まで優勝を争い、106年ぶりの新入幕Vへ迫った翔猿(28)=追手風=が28日、代表取材に応じた。
 11月場所(11月8日初日、両国国技館)の番付は自己最高位の西前頭4枚目。「思ったより上がっていてうれしかったのもあるんですけど、上位とも当たるかなという期待や心配もあります」と話すが、「ワクワク感が強いですね。名前を覚えてもらって、いろんな人から声をかけられるようになりました」と周囲の反響も力になっている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ