あす阪神戦先発の大野雄「チームに勝ちを持ってこられるように」連続無失点はどこまで伸びる?

2020年10月28日 17時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
登板に向けてキャッチボールで調整する大野雄

登板に向けてキャッチボールで調整する大野雄

  • 登板に向けてキャッチボールで調整する大野雄
 29日の阪神戦(甲子園)に先発する中日の大野雄大投手(32)は距離、時間ともに長めのキャッチボールやバント練習などで調整した。
 45イニング連続無失点中で向かうところ敵なし。チームが苦戦する甲子園でも9月30日に完封を飾っている。「今は粘っていればビハインドでもひっくり返せる雰囲気がある」と現状を分析し、「チームに勝ちを持ってこられるように頑張ります」と意気込んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ