バルセロナのバルトメウ会長が自身を含めた幹部の総辞職を発表 メッシとの確執の責任取る

2020年10月28日 15時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
バルトメウ会長(AP)

バルトメウ会長(AP)

  • バルトメウ会長(AP)
【バルセロナ共同】サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナのバルトメウ会長は27日、自身を含めた幹部の総辞職を発表した。タイトル獲得を逃した昨季の不振やエースFWメッシとの確執の責任を取った。
 来月にソシオ(会員)による不信任投票が予定されていたが、新型コロナウイルス禍で11万人を超えるソシオが投票に行くことが困難な状況を踏まえ「責任ある行動を取らなければいけない」として身を引いた。
 チームは昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に2ー8と大敗するなど12シーズンぶりに無冠に終わった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ