愛知・一宮の民家で火災 4軒全焼、けが人なし

2020年10月28日 11時26分 (10月28日 12時11分更新) 会員限定
黒煙を上げて激しく燃える民家=28日午前8時55分、愛知県一宮市あずら2で(読者提供)

黒煙を上げて激しく燃える民家=28日午前8時55分、愛知県一宮市あずら2で(読者提供)

  • 黒煙を上げて激しく燃える民家=28日午前8時55分、愛知県一宮市あずら2で(読者提供)
 28日午前8時35分ごろ、愛知県一宮市あずら2の無職富田政克さん(76)方から出火、木造2階建て約100平方メートルと、隣接するいずれも木造2階建ての民家3軒が全焼した。近くのアパート1棟と民家2軒の一部も焼いたが、けが人はなかった。
 同市消防本部によると、富田さんは2人暮らしで、出火当時は外出していた。全焼した他の3軒の住民も留守だったり、逃げたりして無事だった。
 近くに住む無職女性(79)は「『わー、火事だ』という女性の叫び声で気付いた。パンパンと音をたてて燃えていた」と話していた。
 現場は名神高速一宮インターチェンジから北に約1・3キロの住宅街。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧