「松本看護大」正式に認可 救急災害など担い手輩出目指す

2020年10月28日 05時00分 (10月28日 12時41分更新) 会員限定
松本看護大の開学について会見する上條・学長予定者(右から2人目)ら=松本市の松本短大で

松本看護大の開学について会見する上條・学長予定者(右から2人目)ら=松本市の松本短大で

  • 松本看護大の開学について会見する上條・学長予定者(右から2人目)ら=松本市の松本短大で
 松本短大(松本市)を運営する学校法人松本学園が来年四月に開学予定の四年制大学「松本看護大」の新設について、二十三日付で文部科学相から認可されたことを受け、同学園の銭坂久紀理事長(76)らが二十七日、同短大で会見。銭坂理事長は「豊かな人間性と教養、倫理観を有し、地域の保健医療福祉の向上に貢献できる実践能力を持った看護師、保健師の養成が必要」と述べた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧