本文へ移動

ドリル(2)チーピン、フッカー矯正に最適!軸回転の感覚を覚える

2019年4月18日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 今回は、左かかとを上げて打つドリルです。体がどうしても突っ込みがちになる人。そして、チーピンやフッカーに悩んでいる人の矯正にもつながります。さあ、これをやってみてください。 (取材・構成・児玉光雄)

重心右足にかかる

 前回の、歩きながらの連続打ちはやっていただけましたか? すぐにはできなくても、ちょっとしたきっかけで打てるようになりますから頑張ってください。
 さて、今回の体感ドリルは左足のかかとを浮かせて打つ方法です。なぜ、左足を浮かせたまま打つのか。それは、ゴルフのスイングが軸回転であることを感覚で覚えるためです。左かかとを上げたままですから踏み込むことができず、重心が右足にかかったまま打つことになります。つまり、そこから打つには左に振ることしかできません。
 野球の打者は投げてくるボールを打ち返すわけですから、それに負けないパワーが必要になります。また、反発の力を利用することもできます。何より、左右90度に打てます。
 ゴルフは止まっているボールを打ちますが、肝心なのは狙った方向に向かって打ち出さなくてはならないことです。そのためには、しっかりした軸回転で打たなくてはなりません。基本は両足の間で、回転で打つことなのですが、ボールを打とうとするあまり、どうしてもボールを打ちにいってしまいがちになります。軸回転で振っているつもりでも、実は左方向に動いていることがあります。

左に振り抜く練習

 左かかとを上げて打つと、その場で止まって回転しているような感覚になると思います。えっ、こんなに体が残っていいんですか? という感覚になるでしょうが、それぐらいがゴルフスイングの基本だと思ってください。
 ゴルフのスイングは、思っている以上に早く回転しているのです。同じようなレッスンの指導法として「右足の前で打て」というのがありますが、これも同じように、打ちにいくのではなく回転を教えるものです。
 人によって重心が左サイドにあるか、右サイドにあるかの違いがあって、左重心の方は特に打ちにくいと思います。しかし、そんな方も左に振り抜く練習だと思ってやってみてください。

突っ込めずに回転

 この練習法は、チーピンやフッカーの人には最適の矯正になると思います。引っかけとかチーピンを打つ人の特徴は、左に寄ってから振る傾向があります。そこから無理やりヘッドを返そうとしますから、左へ曲がることになるのです。両足の間で左に振り抜くことを覚えたら、チーピンは消えていきます。チーピンは体が右サイドに残っているのではなく、左サイドに振り抜けないことなんです。
 左足を浮かせて振ると、突っ込めずに体が回転するだけですから、体の正面も打つ方向へ簡単に収まります。同じように、回転を覚えるため、椅子のような腰ぐらいの高さの物を左側に置いて、それに当たらないようにスイングするという練習法もありますよ。

【かすみのひとりごと】

みなさんに伝えたい努力の大切さ

 その昔、「千里の道も一歩から。コツコツやります!」と言ったら、先輩に「あなたは半歩ずつでいいのよ」って言われました。コツコツやると言いながら、すぐ結果を求めてしまう体質を見抜かれていたんです。
 私のきょうがあるのも、そんな大先輩のすてきな言葉のおかげ。ポンポンと気持ちよく前に進むのもいいけど、ちゃんとした土台を築いていかないと空き箱を積み上げていくことになります。日々、勉強です。
 取材協力 中日カントリークラブ(三重県鈴鹿市東庄内町1447)(電)059(371)1188
 <藤井かすみ(ふじい・かすみ)> 1967(昭和42)年11月30日生まれ、山口県岩国市出身の51歳。身長162センチ。ヴィクトリアゴルフ所属。学生時代はソフトボールの選手で東京女子体育短大のとき日本代表にも選ばれた。23歳からプロを目指し、3度目のプロテスト受験だった95年8月にトップ合格。2001年ベルーナレディースカップでツアー初優勝。02年には3勝を挙げ賞金ランク2位。ツアー通算10勝。師弟関係は岡本綾子。現在は兵庫県でジュニア育成に力を入れている。
(毎週木曜日の紙面に掲載)
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ