<伊勢路を駆ける> (1)ゼロからスタート

2020年10月28日 05時00分 (10月28日 12時10分更新) 会員限定

 びわこ学院大(東近江市)の駅伝部が、箱根、出雲と並ぶ大学三大駅伝の一つ、全日本大学駅伝に県勢で初めて出場する。創部五年目の無名チームが、いかにして大会初切符をつかんだのか。若きランナーたちの足跡と周囲の支えを、四回に分けて紹介する。

 九月十七日、兵庫県であった選考会。三校が出場し、一校につき八人が一万メートルを走って、その合計タイムを競った。四年の湯川達矢選手が出場選手でトップタイムを記録する活躍もあり、合計4時間12分34秒86で大会への出場権を得た。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧