高橋「一日でも早く戦力に」 竜1位指名あいさつ 

2020年10月28日 05時00分 (10月28日 05時01分更新) 会員限定
指名あいさつを受け、与田監督のサイン入りドラフト入場パスを手に笑顔の高橋宏斗=名古屋市昭和区で

指名あいさつを受け、与田監督のサイン入りドラフト入場パスを手に笑顔の高橋宏斗=名古屋市昭和区で

  • 指名あいさつを受け、与田監督のサイン入りドラフト入場パスを手に笑顔の高橋宏斗=名古屋市昭和区で
 中日からドラフト1位指名を受けた愛知・中京大中京高の高橋宏斗投手が27日、名古屋市昭和区の同校で、松永編成部長と米村チーフスカウトらの指名あいさつを受けた。
 与田監督が26日のドラフト会議で使用し、サインを書き入れた入場パスを受け取り「期待に応えられるように準備していく。一日でも早くドラゴンズの戦力になりたい」と高評価にたがわぬ飛躍を誓った。
 最速154キロの本格派右腕は、昨秋から公式戦28勝無敗の同校をエースとして引っ張り「勝ちにはこだわっていた」と明かした。米村チーフスカウトは「負けない、というのはプロとして大事なこと。そういう投球ができることにほれ込んだ」と絶賛。大学生や社会人を含めても最も良い投手として評価していることを繰り返し伝えた。
 高橋は「スカウトの方々がいらして、やっとプロになる実感が湧いてきた。常に自分は見られていると意識をして行動しなければいけない」と気を引き締めていた。

関連キーワード

PR情報

スポーツの最新ニュース

記事一覧