巨人・坂本が猛打賞も3連敗 『坂本勇人』問題に”本家”も興味津々「登録名どうなるんでしょうね」

2020年10月28日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表1死、坂本が左前打を放ち猛打賞

6回表1死、坂本が左前打を放ち猛打賞

  • 6回表1死、坂本が左前打を放ち猛打賞
◇27日 DeNA9―2巨人(横浜)
 巨人の坂本勇人内野手(31)が3安打を放ち、通算2000安打まで残り8本とした。1回2死からDeNA・大貫のスライダーに泳がされながらも右前へ運ぶと、5回に右中間二塁打、8回には左前打。湿りがちな打線の中で通算162度目の猛打賞をマークした。
 「M8」と視界にくっきりと捉えたが、そこは坂本らしく「心境の変化はまだありません。ラスト2本、1本になるまで変わらないと思います」とコメントした。
 意外な形で脚光も浴びた。26日のドラフト会議で、チームは同姓同名の唐津商・坂本勇人捕手(18)を育成6位で指名。時の人になった後輩に「登録名がどうなるんでしょうね。一緒に頑張っていければいいですね」と笑顔でエールを送った。
 チームは今月3度目の3連敗。マジックはひとつ減り3となったが、原監督は「今、チーム状態として決してよくない。みんなで前に進んでいくような、そういうチームにあしたから変わっていくでしょう」と奮起を促した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ