本文へ移動

中日・木下拓が “天敵”阪神・青柳からプロ初の三塁打を含むマルチ安打 バット変更が効果てきめん

2020年10月27日 21時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表無死、木下拓が中前打を放つ。投手青柳、捕手坂本

8回表無死、木下拓が中前打を放つ。投手青柳、捕手坂本

◇27日 阪神4―1中日(甲子園)
 中日の木下拓哉捕手(28)が“天敵打ち”に成功した。今季12打数1安打に抑え込まれていた青柳対策にバットを変更。同点につながるプロ初の三塁打を含むマルチ安打を放ち、「結果につながってくれてよかったです」。守っては制球に苦しむ福谷を好リード。「全部悪いわけではなかった」と話し、「試合には負けているのであしたこそは勝てるように頑張ります」と力を込めた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ