「ゆくゆくは商品化」 茶臼山高原産メープルシロップ

2020年10月27日 05時00分 (10月27日 11時39分更新) 会員限定
大鍋で煮詰められたメープルシロップをホットケーキにかける販売スタッフ=豊根村の茶臼山高原で

大鍋で煮詰められたメープルシロップをホットケーキにかける販売スタッフ=豊根村の茶臼山高原で

  • 大鍋で煮詰められたメープルシロップをホットケーキにかける販売スタッフ=豊根村の茶臼山高原で
  • カエデから採取される樹液=豊根村の茶臼山高原で

 茶臼山高原協会は二十四、二十五の両日限定で、地元産のカエデの樹液を煮詰めて作ったメープルシロップを添えたホットケーキを高原スキー場で販売した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧