本文へ移動

覚えるべき変化球と投げ方は?

2020年3月18日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】中学硬式のボーイズでピッチャーをします。どんな変化球を覚えたらいいですか。投げ方も教えてください。 (東京都墨田区 G君=中1)
 【答え】中学生になると、カーブやスライダーなどの変化球を覚えることになりますが、小学校のときの軟球と違って硬球は肩や肘への負荷が大きくなります。練習で投げすぎて肩や肘を痛めないように気を付けてください。早くからいろいろな変化球を覚えるのは感心しません。最初は変化球の柱となるカーブを覚えるのがいいと思います。ほとんどのピッチャーが最初に覚えます。打者のタイミングを外すのに有効で、絶対に必要になります。
 カーブの握り方は人それぞれですが、基本的な握り方は、中指をボールの縫い目に添ってかけて人さし指を中指にくっつけます。初めのうちはボールの中心よりも少しずらした方が曲がりやすいと思います。腕は直球と同じ振りで空手チョップ(わかるかな?)のようにして、親指を大きく外側にひねりながら投げてみてください。大切なのは直球とカーブの投球フォームが同じであることです。せっかくのいいカーブも、投げ方や腕の振りが違えば効果はありません。
 キャッチボールのときに握りやフォームをチェックしながら投げると感じがわかってきます。握り方を少し変えたり、手首のひねりやステップ幅を変えたりすると違った変化のカーブを投げることもできます。 (慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ