本文へ移動

休部中に家で素振りをする時の心がけは?

2020年3月14日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】休校で部活がないので、家で素振りをしています。どんなことを意識したらいいですか。素振りをする際の理想のバット軌道も教えてください。 (東京都 F君=高2)
 【答え】休校がいつまで続くか、分かりませんが、部活再開に向けての個人練習はとても大事です。素振りをするときに気をつけることは、ひと振りにかける時間です。少なくとも4~5秒に1回振るくらいの間隔を空けましょう。投球をイメージして内角、外角、高め、低めと一球一球想定しながら振ります。トップからグリップをボールに向けて振り下ろすようにすると、ヘッドが立ったままミートポイントまで一直線にバットが出る軌道になります。ヘッドが下がって、バットが遠回りしないように気を付けてください。
 素振りをすることで、スイングの土台がつくれるのと同時に、パワーがつき、ヘッドスピードも上がります。下半身も強化できます。ただし、正しい体重移動をしながらバランスよく振り抜くことを考えながらしないと意味がありません。素振りのときは(1)両足の親指で立つ感じで(重心が背中に乗らないように)足の内側から力を出す。(2)腰の回転に乗じてバットを振る。軸足の回転をしっかりすることが大切です。(3)ヘッドアップをしない。ミートの瞬間をイメージして目を離さない-などに気をつけて振ってください。毎日200~300回、時間にしてわずか20~30分です。しっかり続ければ部活再開のころには自分でも驚くほど打球の速さや飛距離が出ると思います。頑張ってください。
 (慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ