ドラフト 敦賀気比2選手育成指名 長谷川▼西武、笠島▼巨人

2020年10月27日 05時00分 (10月27日 09時47分更新)

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が二十六日、東京都内のホテルで開かれ、敦賀気比高から長谷川信哉外野手(18)が西武に育成2位、笠島尚樹投手(17)が巨人に同3位で指名された。福井県関係選手のドラフト指名は十年連続で、育成枠のみでの指名となったのは二年ぶり。

西武から育成2位指名を受け、ガッツポーズする長谷川外野手(中) 

 

巨人から育成3位で指名され、会見に臨む笠島投手=いずれも26日、敦賀市の敦賀気比高校で(山田陽撮影)

長谷川外野手は走攻守がそろったスラッガー。昨夏の甲子園を経験し、秋以降は中軸に定着。今夏の県独自大会では二試合連続本塁打を放ち、主砲として打線をけん引した。京都嵐山ボーイズでプレーした中学時代に関西選抜入りするなど俊足、強肩の選手として期待されてきた。
 笠島投手は、力みのないフォームで投げ込む切れのある速球と制球力が魅力の右腕。中学時代は硬式野球の鯖江ボーイズで活躍し、敦賀気比高進学後は一年目に夏の甲子園で登板。昨夏の甲子園では2勝を挙げ、十六強入りの原動力になった。指名後の会見では、大学進学を重視して進路を決める考えを示した。 (山本真喜夫)

 長谷川 信哉(はせがわ・しんや)京都市東山泉中から敦賀気比高に進み、当初は投手と打者の二刀流で活躍。体格に恵まれ、2年秋から中軸に座る。3年夏の県独自大会は不動の四番として活躍し、2試合連続で本塁打を放った。50メートルを5秒8の俊足で、5試合で4盗塁と存在感を示した。右投げ右打ち。183センチ、80キロ。

 笠島 尚樹(かさしま・なおき)鯖江市中央中時代は鯖江ボーイズに所属。敦賀気比高では1年春から公式戦に登板し、同年夏と2年夏に甲子園に出場した。3年夏の県独自大会は27回1/3を投げ28奪三振、防御率2・30で夏の大会でチームを3連覇に導いた。最速145キロの切れのある直球が武器。右投げ右打ち。178センチ、78キロ。


関連キーワード

PR情報