本文へ移動

バットの芯に当てるためには?

2020年5月9日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】打つときにバットの芯になかなか当たりません。今は休校のため練習や試合はありませんが、家でバットスイングをしています。どうしたら打てるようになりますか。 (横浜市青葉区 K君=5年)
 【答え】同じような質問がつい最近もありました。バットの芯に当てるためには、スイングをしたときにいつも安定したフォームでなければいけません。そうすればスイングの軌道も安定するので、芯に当てることができます。
 バットスイングするだけでも十分フォームをつくることはできますが、できれば、スタンドティーを使って正しいフォームづくりをするのを勧めます。スタンドティーは少年野球からプロ野球まで全く同じやりかたで正しい打撃フォームをつくる練習として取り入れています。自分のミートポイントに合わせたスタンドにボールを乗せて打ちますが、次のことに注意してください。
 (1)スタンスは肩幅くらいの広さ(2)ステップは小さめ。ステップした先にミートポイントが来るようにする(3)振り出しは右脇を締めて(右打者)トップからグリップをボールに向けながら一直線にバットを出す(4)スイングをしたあとは、後ろ足(軸足)がラインと平行になるように90度回転させる。後ろ足はベタ足ではなく親指を中心とした5本の指で支える。後ろ足の力強い回転が腰の鋭い回転を生み出します。(5)ボールを打ち抜いたときに体がふらつかないようにする。この(1)~(5)は家で素振りをするときも頭に入れて振るようにしてください。
 (慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ