本文へ移動

史上最速!劇場版『鬼滅の刃』10日で興収100億円超え、観客動員340万人…過去最速は“千と千尋”の25日間

2020年10月26日 16時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のビジュアル

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のビジュアル

 アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が、25日までに100億円を突破したと26日、配給元の東宝とアニプレックスが発表した。同作は16日に封切りされており、公開10日間での興収100億円超えは史上最速となった。
 「鬼滅の刃」は公開3日間で過去最高の興収約46億2300万円、観客動員数が約340万人を記録。その後も堅調に数字を積み上げ、25日の時点で興収約107億5400万円、観客動員数約798万人に達した。これまでの100億円超えの最速は、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(2001年、最終興収308億円)の25日間だった。
 「鬼滅の刃」は、鬼となった妹を人間に戻すため主人公・竃門炭治郎(かまど・たんじろう)が鬼と戦いを繰り広げる物語。「週刊少年ジャンプ」で原作漫画が連載され、19年にテレビアニメの放送が始まった。劇場版では、無限列車を舞台に炭治郎たちの新たな戦いが描かれている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ