福井・あわら市長らが鳥羽・答志島の観光資源視察

2020年10月26日 05時00分 (10月26日 11時35分更新) 会員限定
市営定期船で、答志島に着いた福井県あわら市の一行=鳥羽市で

市営定期船で、答志島に着いた福井県あわら市の一行=鳥羽市で

  • 市営定期船で、答志島に着いた福井県あわら市の一行=鳥羽市で
 観光誘客に生かそうと、福井県あわら市の佐々木康男市長ら行政や観光業などの関係者十三人が二十五日、鳥羽市を訪れ、有人離島の一つ、答志(とうし)島を視察した。
 一行は、地元のエコツアーガイド会社「海島(かいとう)遊民くらぶ」の江崎貴久(きく)社長の案内で、市営定期船に乗り答志島へ渡った。島では、地元漁協の市場を見学したり、民家が立ち並ぶ狭い路地を歩いたりした。一行からは「昭和の雰囲気がある」などの声が上がった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧