本文へ移動

“不敗神話”37連勝支える見事な火消し 中日・谷元がピンチに2番手登板 得点許さず「数字意識しない」

2020年10月26日 08時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2番手で後続を打ち取った谷元(左)は柳に迎えられる

2番手で後続を打ち取った谷元(左)は柳に迎えられる

◇25日 ヤクルト1-5中日(神宮)
 中日の谷元圭介投手(35)が終盤のピンチを切り抜け、先発した柳を無失点投球に導いた。4点リードの7回に柳が1死一、三塁のピンチを招いたところで2番手として救援。坂口を三振、エスコバーは一邪飛に打ち取り、得点を許さなかった。
 谷元は「欲を出さずに1つのアウトを取ることを考えました。流れよく後ろの投手につなぐことができました」と振り返った。これで6回終了時にリードしていた試合は37連勝。「いい数字は続けていきたいですが、数字は意識せず、目の前の打者を抑えることだけ考えていきたい」。ベテランらしく落ち着いて話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ