3年連続で地元出身高校生の逸材獲る!「高橋君で行きます」与田監督が中京大中京・高橋宏斗の1位指名を明言…競合なら”剛腕”準備OK

2020年10月26日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
秋季東海地区高校野球大会へ出場した後輩たちの応援に駆けつけ、笑顔を見せる中京大中京の高橋宏斗

秋季東海地区高校野球大会へ出場した後輩たちの応援に駆けつけ、笑顔を見せる中京大中京の高橋宏斗

  • 秋季東海地区高校野球大会へ出場した後輩たちの応援に駆けつけ、笑顔を見せる中京大中京の高橋宏斗
  • 12球団のドラフト1位指名予想
◇26日午後5時から運命のドラフト
 中日の与田剛監督(54)は25日、ドラフト会議(26日午後5時・東京)で中京大中京高の高橋宏斗投手(18)を1位指名することを公表した。同日に東京都内のホテルでスカウト会議を行い「高橋1位指名」を決定。中日は一昨年の根尾、昨年の石川昂に続き3年連続で地元の高校生を1位指名する。競合となった場合は、過去2年連続で交渉権確定を引き当てた与田監督にくじ引きを託す。
 スカウト会議を終え、ヤクルト戦のある神宮球場に到着した与田監督は、報道陣の代表取材でドラフト会議について聞かれると、キッパリと言った。
 「高橋君で行きます」
 高校生ナンバーワン投手・高橋を1位指名すると明言した。
 13日に名古屋市内で行ったスカウト会議で「高橋1位」の方針は確認されていた。この日に、最終的な決定。高橋の魅力を、与田監督はこう語った。
 「非常にアグレッシブで、レベルの高い投手ということで、将来性も含めて素晴らしい評価をみんなでしています」
 最速154キロ右腕。松永編成部長も「将来的に見ても、エースになり得る素材であることは間違いない」と話した。将来性だけを評価しているわけではない。松永部長は「即戦力の力を持っていると僕らは思っている。(早大の)早川君とか、大学の投手とかで即戦力がいるが、それを含めてトップクラス、一番力のある投手と認めて高橋君で行くことをみんなで決めた。体も強いし投げる体力もある。早い時期に出てくるのではないかな」とも話した。
 競合になった場合は与田監督の出番となる。くじ引き担当の話は出てないというが、一昨年は4球団競合で根尾、昨年は3球団競合で石川昂の交渉権を右手で引き当てた与田監督以外に適任者はいない。...
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ