本文へ移動

岐阜・岐南町長選は4票差で小島氏が初当選

2020年10月25日 23時36分 (11月2日 12時11分更新)
当選の一報を聞き万歳して喜ぶ小島さん(左)=岐阜県岐南町伏屋の事務所で

当選の一報を聞き万歳して喜ぶ小島さん(左)=岐阜県岐南町伏屋の事務所で

 25日投開票された岐阜県岐南町長選は、無所属の新人3人が争い、得票数がわずか4票差で当選者が決まる大接戦となった。
 初当選した元町議の小島英雄さん(70)の獲得は2969票。次点の元県職員森川真和さん(59)は2965票だった。
 長く町議を務めた小島さんだが、「あまりにも僅差で驚いて言葉も出ない。一桁差で決まった選挙は初めて」。過去3回連続で町長選に出馬し、前回は209票差の次点だったが、4度目の挑戦を実らせた形となった。
 一方、森川さんは「4票差という数字を見て非常にショック」と肩を落とした。
 開票作業は、4人が立候補した前回より30分ほど遅れた。町選管の堀場康伸書記長は「拮抗(きっこう)していると途中で分かり、慎重に作業を進めた。無効票の106票は白票などが多く、候補者を特定しがたいものは、ほぼなかった」と話した。

当 2969 小島 英雄 70 無新<1>
  2965 森川 真和 59 無新
  2295 加藤 雅浩 42 無新
PR情報