本文へ移動

名古屋でPV、快挙祝う 名城大、全日本大学女子駅伝4連覇 

2020年10月26日 05時00分 (10月26日 05時00分更新)
 仙台市で二十五日にあった全日本大学女子駅伝で、四連覇した名城大。名古屋市天白区の天白キャンパスではパブリックビューイング(PV)があり、学生や職員ら百二十人が応援し、喜びを分かち合った=写真。
 PVは、新型コロナウイルス対策で現地での応援を取りやめる代わりに、初めて企画した。来場者は大学名が入ったおそろいのマスクを着用し、大型スクリーンでテレビ中継を観戦。同大の選手が画面に映ると、スティックバルーンを打ち鳴らし、最終走者がゴールした瞬間、ひときわ大きな音を立てて快挙を祝った。PVに参加した同大応援団長の三年黒宮麻由さん(21)は「遠くにいても応援する気持ちは変わらなかった。新型コロナの影響で練習が制限される中、結果を出した仲間を誇りに思う」と笑顔を見せた。 (鈴鹿雄大)

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧