【写真特集】投打好調でヤクルトに勝利

2020年10月25日 21時53分 (10月25日 22時13分更新)
2回、木下拓の先制二塁打で生還したビシエド(左)、高橋を迎えるナイン

2回、木下拓の先制二塁打で生還したビシエド(左)、高橋を迎えるナイン

  • 2回、木下拓の先制二塁打で生還したビシエド(左)、高橋を迎えるナイン
  • ヤクルト戦に先発する柳
  • 2回表無死、ビシエドが投安打を放つ
  • 2回、ビシエド(左)が投安打で出塁し村上と話す
  • 2回表1死満塁、木下拓が走者一掃の先制二塁打を放つ
  • 2回1死満塁、木下拓の先制二塁打で生還する一走シエラ。捕手古賀
  • 7回、ビシエドが中越えソロを放ち、ナインに迎えられる
  • 2回裏無死一塁、石岡が中前打を放つ
  • 2回裏2死一、三塁、大野奨が右前適時打を放ち、塁上で喜ぶ
  • 3回表1死二塁、高松が三森の二ゴロを処理する
  • 3回裏無死、伊藤康が右前打を放つ
  • 5回裏1死、根尾が左前打を放つ
  • 7回裏2死一、二塁、平田が中前適時打を放ち、塁上で笑顔を見せる
  • 先発し、3失点で完投した清水
 中日は25日、神宮球場でヤクルトと対戦し、5-1で勝った。2回に木下拓の二塁打で3点を先制し、終盤にもビシエドと阿部の本塁打で突き放した。先発の柳は7回途中を無失点に抑えた。
 2軍はソフトバンクと対戦。平田や根尾ら5人がマルチ安打を放った。
PR情報

ドラゴンズ2020の最新ニュース

記事一覧