「エール」出演中の若手実力派・板垣瑞生が20歳バースデー 「皆さんを幸せにできる人でいたい」

2020年10月25日 16時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
板垣瑞生

板垣瑞生

  • 板垣瑞生
 NHK連続テレビ小説「エール」に出演中の俳優板垣瑞生が20歳の誕生日を迎えた25日、初のソロカレンダー「板垣瑞生カレンダー2021―last moment in 10s―」の発売記念リモート会見を開催。若手実力派として注目される中、「皆さんを幸せにできる人でいたいと思っています。20歳からもどんどん変化していきたい」と飛躍を誓った。
 14歳で映画デビュー。2015年公開の映画「ソロモンの偽証」で日本映画批評家大賞・新人男優賞を受賞するなど、朝ドラ出演を含めて“ネクストブレーク筆頭俳優”としても期待される。
 今回、メモリアルなカレンダーが完成し「20歳一発目にこんなクリエーティブな作品を出せてうれしい」と大喜び。朝ドラ出演も大きな経験で、「素晴らしい役者さんたちとご一緒して、自分の未熟さを痛感しました。後輩として見習いたいですし、そしていつかは越えていきたい、という思いも強くあります」と成長に意気込んだ。
 また、ファンクラブを来年開設することも発表した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ