からくり時計台、躍動再び 松本の商店街、有志らが修復し式典

2020年10月25日 05時00分 (10月25日 13時41分更新) 会員限定
修復が終わり、からくりのお披露目をした時計台=松本市松原で

修復が終わり、からくりのお披露目をした時計台=松本市松原で

  • 修復が終わり、からくりのお披露目をした時計台=松本市松原で
  • からくり時計を見に来た小学生の小谷野君=松本市松原で
 松本市松原の商店街「松モール」で、壊れたままになっていたシンボルマークのからくり時計台の修復が完了し、二十四日、時計台前で完成披露の記念式典が開かれた。修復は地元の有志のボランティアで手掛けた。 (右田誠弥)
 時計台は二十年ほど前に火災事故で壊れて以来、修復に多大な資金を要するために見送られていた。二〇一八年、松原モールの活性化を目指し、地元の有志が「松原モールぷろじぇくと」を結成。モールの清掃活動やクリスマスのイルミネーションを設置するなどの活動をするかたわら、時計台修復のための寄付を募った。それでも資金が足りず、作業は外注せず、自分たちで人手を工面した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧