県高校写真コンクール68作品展示 JR浜松駅ビル「メイワン」

2020年10月25日 05時00分 (10月25日 05時02分更新)
高校生の作品が並ぶ会場=浜松市中区のJR浜松駅ビル「メイワン」で

高校生の作品が並ぶ会場=浜松市中区のJR浜松駅ビル「メイワン」で

  • 高校生の作品が並ぶ会場=浜松市中区のJR浜松駅ビル「メイワン」で
 第三十八回県高校写真コンクール(県高校文化連盟、同写真専門部、県教委、中日新聞東海本社共催)が二十四日、浜松市中区のJR浜松駅ビル「メイワン」七階で始まった。三十日まで、入賞・入選した六十八作品が展示される。
 今年は県内四十二校から二千五百七十六点の応募があった。ビルの利用者が、足を止めて写真に見入っていた。
 浜松市中区のパート、塚田純子さん(48)は「学校の風景など高校生ならではの青春を感じさせる写真があり、とても良かった」と話した。 (糸井絢子)

関連キーワード

PR情報