ラミレス監督辞任「80%データ、20%フィーリングで常に決断」「自分の信じるやり方、後悔は一切ない」

2020年10月24日 19時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合後のインタビューで笑顔を見せるDeNAのラミレス監督

試合後のインタビューで笑顔を見せるDeNAのラミレス監督

  • 試合後のインタビューで笑顔を見せるDeNAのラミレス監督
 DeNAのアレックス・ラミレス監督(46)と三原一晃球団代表は24日、横浜スタジアムで会見し、ラミレス監督から優勝の可能性が消滅した前夜に辞任の申し入れがあり、受理したことを明かした。
 ラミレス監督は「皆が良くやってくれて良い数字を残せたが、残念ながら優勝するという夢をかなえられなかった。皆が頑張ってくれたのにこのような結果になった責任を取らないといけないと思い、昨夜三原代表に話をして辞任させて頂くことにした」と辞意に至った理由を説明。「80%をデータ、20%をフィーリングで常に決断してきたが、素晴らしいチームを自分の信じるやり方で決断してきて後悔は一切ない」と心境を明かした。
 5年間で3度のAクラス、CSと日本シリーズにも出場し、今季リーグトップの打率3割2分8厘、131安打をマークする佐野らを見いだした手腕を球団は評価。三原代表は今後について「何かしらのポジションを検討したい。組織の中に残って頂きたい」と関係継続を望んだ。一方でラミレス監督は「まずは家族との時間を過ごしたい」と明言は避けた。
 後任については三浦大輔2軍監督(46)の内部昇格が有力視されているが、三原代表は「シーズン中なので回答は控える。しかるべきタイミングで発表する」と語るに留めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ