巨人・菅野、開幕13連勝からまさかの2連敗 7イニング2失点粘投も打線が援護できず

2020年10月24日 17時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表2死満塁、マウンドで大城(左)に声を掛けられる巨人・菅野

7回表2死満塁、マウンドで大城(左)に声を掛けられる巨人・菅野

  • 7回表2死満塁、マウンドで大城(左)に声を掛けられる巨人・菅野
◇24日 巨人1-2阪神(東京ドーム)
 開幕戦から13連勝をマークした巨人・菅野智之投手(31)がまさかの2連敗を喫した。立ち上がりから3イニングはパーフェクト投球をみせたが、4回無死二塁から糸原に右前適時打を浴びると、同点で迎えた7回2死一、二塁から代打・原口に勝ち越しの中前打を浴びた。
 7イニング6安打2失点と責任を果たしたが、打線が阪神の先発高橋の前に苦しんだ。開幕から無敗だった菅野は13日の広島戦(東京ドーム)で今季初めて敗戦投手となっていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ