池江璃花子、東京五輪会場で泳ぎ初め 深々とプールに一礼…それでも視線は2024年パリへ

2020年10月24日 15時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
池江璃花子

池江璃花子

  • 池江璃花子
 東京五輪の水泳会場「東京アクアティクスセンター」の完成式典が24日、東京都江東区であり、白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=がデモンストレーションに登場。真新しい五輪会場で泳ぎ初めした。
 純白の天井に、大型スクリーン―。全てが新しい五輪会場に池江がやや緊張した面持ちで足を踏み入れた。デモンストレーションの4×50メートルメドレーリレーで最終4人目・自由形の泳者を任された。パラスイマーらに続いて飛び込むと、しなやかに進む。泳ぎ終えると、深々とプールに向かって一礼した。
 池江は「プールを見たとき『来年はここでオリンピックが開催されるんだな』という実感がわいてきた。3メートルの深さはすごく泳ぎやすく、素晴らしい環境だなと思いました」とコメント。好記録が出やすいとされる水深3メートルのプールに好印象を受けていた。
 視線は東京の先にある。コンディションは回復途上で、池江は「2024年のパリ五輪を目指す」と公言。東京五輪への思いは封印している。12月に同じ会場で行われる日本選手権は欠場し、体づくりに専念する。
 スターター役を務めた小池百合子都知事は「池江さんは非常にお元気そう。流れるようなスイミングを見せて頂いた。大会もそうありたい」と語った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ