本文へ移動

井上尚弥トレーナー陣、全員PCR陰性で集合!! 10人そろっての練習に大橋会長「絶好調に近く安心」…10・31リングへ集中

2020年10月24日 13時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本好二トレーナー(左)のミットにパンチを打ち込む井上尚弥(大橋ジム提供)

松本好二トレーナー(左)のミットにパンチを打ち込む井上尚弥(大橋ジム提供)

 米ラスベガスのMGMグランドで31日(日本時間11月1日)行われるボクシングWBA・IBF統一バンタム級タイトル戦のため現地入りしている同級王者の井上尚弥(27)=大橋=は23日(日本時間24日)もジムワーク。21日に米国入りした大橋秀行会長をはじめとするトレーナー陣が全員、新型コロナウイルスのPCR検査で陰性が確認されたためこの日から練習場のトップランクジムへの立ち入りが認められたため、計10人がそろっての練習となった。
 「みんなが揃って横浜でのジムの雰囲気。それぞれの役割が整って気が引き締まる思い」と、井上尚は大橋ジムを通じてコメント。自らのSNSには松本好二トレーナーとのミット打ち動画とともに「キレッキレだわ(100点の絵文字)研ぎ澄まされていく、、」と記し自信を見せた。
 練習を見守った大橋会長も「日本にいたときの絶好調に近い状態から変わりなく安心した。ミット打ちやサンドバッグを打っているときの膝のバネや柔軟性が完璧に近い」と話した。サポート態勢もさらに充実した井上尚は10・31のリングにだけ集中していく。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ