おいしさ満点、冬の福井にGoTo舌鼓 北陸3県と長野で26日から宿泊券販売

2020年10月24日 05時00分 (10月24日 12時45分更新) 会員限定
「Welcome To ふくいキャンペーン」への参加を呼び掛ける担当者=福井市のアオッサで

「Welcome To ふくいキャンペーン」への参加を呼び掛ける担当者=福井市のアオッサで

  • 「Welcome To ふくいキャンペーン」への参加を呼び掛ける担当者=福井市のアオッサで
 福井を代表する味覚「越前がに」や越前海岸に咲き誇る「越前水仙」など冬の福井を満喫しよう−。市は二十六日午前十時、市内の旅館やホテルで使えるプレミアム宿泊券を北陸三県と長野県で一斉発売する。額面五千円の宿泊券が二千円で購入でき、一人当たりの購入や利用回数、一泊での利用枚数に制限はない。第一弾は一万二千枚を販売し、十一月十三日午前十時に五千枚を追加販売する。国の「Go To トラベル」との併用もできる。
 二〇二三年春の北陸新幹線県内開業も見据え、観光消費喚起に向け「おいしい福井の冬・お泊(とま)りキャンペーン」と銘打って実施。国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充て、九月補正予算に七千六百万円を計上した。宿泊券の利用期間は越前がにの漁期に合わせ、十一月六日〜来年一月三十一日(二月一日チェックアウト分まで)。
 購入は対象となる四県の大手コンビニ各店舗の端末に、市ホームページ(HP)で公開されたそれぞれの商品番号を入力して操作する。宿泊券は二十日時点、感染症対策をした上で登録した市内四十三施設で利用可能。HPで確認し、オンラインや事前決済でなく「現地払い」で予約すること。釣り...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報