本文へ移動

<豊山町の課題> (下)飛行機の街に転機

2020年10月24日 05時00分 (10月24日 12時07分更新)
旧国際線ターミナルビルを活用したエアポートウォーク名古屋=豊山町豊場で

旧国際線ターミナルビルを活用したエアポートウォーク名古屋=豊山町豊場で

 ライトをともしたトレーラーやタラップ車が列を成し、名古屋空港と国道41号を結ぶ豊山町の大通りを走り抜ける。国際線の最終便が発着した二〇〇五年二月十六日の夜。開港を翌日に控えた常滑市の中部国際空港に向けて、不要になった機材を運び出す光景を、近くに住む女性(69)は今も覚えている。「あの時は涙が出ました」...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧