持続可能な経営で再生目指す 多賀森林循環事業協同組合が発足

2020年10月24日 05時00分 (10月24日 11時13分更新) 会員限定
多賀産木材で作られた看板を持つ久保町長(左)と小林理事長=多賀町役場で(同役場提供)

多賀産木材で作られた看板を持つ久保町長(左)と小林理事長=多賀町役場で(同役場提供)

  • 多賀産木材で作られた看板を持つ久保町長(左)と小林理事長=多賀町役場で(同役場提供)
 森林事業を通じて地域活性化を目指そうと、多賀町の事業者が「多賀森林循環事業協同組合」を設立した。町面積の86%が森林で、かつては基幹産業だった林業だが、木材価格の下落や厳しい労働環境による若者離れで低迷。林業に携わる事業者が手を組み、持続可能な経営で再生を目指す。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧