イチョウ形?ひし形? 高山・日枝神社に不思議なさい銭箱

2020年10月24日 05時00分 (10月24日 14時25分更新) 会員限定
新しいさい銭箱にお札を入れる杉原さん=高山市城山の日枝神社で

新しいさい銭箱にお札を入れる杉原さん=高山市城山の日枝神社で

  • 新しいさい銭箱にお札を入れる杉原さん=高山市城山の日枝神社で
 春の高山祭が開かれる日枝神社(高山市城山)に二十三日、目の錯覚を利用した新たなさい銭箱がお目見えした。設計を手掛けたのは、同市出身の錯視研究者で、明治大研究特別教授(数理工学)の杉原厚吉さん(72)。熊﨑清男宮司(65)は「名物となり、より多くの人に神社へ足を運んでもらえれば」と期待する。
 一見すれば、イチョウの葉のような形が並んださい銭箱の投入口。だが...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧