巨人が苦手の阪神・西勇を攻略!! 丸の先制弾にマルテの4失策で加点、9回は田口がピンチしのいでプロ2セーブ目

2020年10月23日 20時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回、先制ソロを放った丸(中)を迎える原監督(右)ら巨人ベンチ

2回、先制ソロを放った丸(中)を迎える原監督(右)ら巨人ベンチ

  • 2回、先制ソロを放った丸(中)を迎える原監督(右)ら巨人ベンチ
◇23日 巨人5-4阪神(東京ドーム)
 巨人が苦手の阪神・西勇を攻略し、2連勝で優勝へのマジックを5とした。2回に丸佳浩外野手(31)のバックスクリーンへの23号ソロで先制すると、一塁マルテの4失策などに乗じて加点に成功。5回で西勇をマウンドから引きずり降ろした。投げては先発の今村が8回途中3失点と好投し今季4勝目を飾った。
 2点リードの9回は抑えのデラロサが登板するも、1点を失って降板。1点リードの1死一、二塁から登板した田口は暴投で二、三塁と一打逆転のピンチを背負ったが、糸井を空振り三振、さらに2死二、三塁から代打・植田を右飛に仕留めた。この日が4日連続登板だった田口は昨年以来のプロ2セーブ目をマークした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ