本文へ移動

中日・阿部が同点打 フェンス直撃も強烈すぎて単打に「京田が盗塁を決めてくれたので…返せて良かったです」

2020年10月23日 20時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回表2死三塁、阿部が左越え適時打を放つ

5回表2死三塁、阿部が左越え適時打を放つ

◇23日 ヤクルト-中日(神宮)
 中日の阿部寿樹内野手(30)が「3番・二塁」で先発出場し、1点を追う5回に同点の左越え適時打を放った。
 2死から京田が中前打で出塁し、盗塁と失策で三進した直後だった。カウント1―1からの3球目、ヤクルト先発・歳内の138キロ直球を振り抜くと打球は左翼フェンスを直撃。強烈な打球だったことで単打となった。
 アルモンテが故障で離脱して以降、16日の広島戦(マツダ)から3番に座っている阿部は前日まで22打数7安打、1本塁打、7打点。中軸の役割をしっかりと果たしている30歳は「京田が1球目から盗塁を決めてくれたので、何とかかえすことができて良かったです」と足でチャンスを広げた後輩に感謝した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ