中日・ロドリゲス「ボール球が多くリズムをつくれなかった」毎回四球の苦しい投球…5回持たず降板

2020年10月23日 20時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏無死一塁、ヤクルト・塩見に逆転2ランを打たれるロドリゲス

2回裏無死一塁、ヤクルト・塩見に逆転2ランを打たれるロドリゲス

  • 2回裏無死一塁、ヤクルト・塩見に逆転2ランを打たれるロドリゲス
◇23日 ヤクルト―中日(神宮)
 先発した中日のヤリエル・ロドリゲス投手(23)は4イニング2/3を3失点で降板した。
 4勝目を目指してマウンドに上がったが、制球が定まらずに苦戦。1点リードの2回は先頭の村上に四球を与え、続く塩見に右中間への2ランを浴びて逆転を許した。
 阿部の適時打で同点に追いついた5回は2死二塁から坂口に勝ち越し打を浴び、続く村上に四球を与えたところで交代。2回以降、毎回四球を与える苦しい投球だった。
 6回に味方が逆転したことで負け投手は免れたが、登板後は「今日は思うようにコントロールすることができなかった。ボール球が多くリズムをつくれなかった」と反省しきりだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ