金谷拓実、プロ初海外戦は松山英樹と並ぶ6打差スタート 「アンダーで終えられ良かった」

2020年10月23日 17時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
金谷拓実

金谷拓実

  • 金谷拓実
◇22日 米男子ゴルフ ZOZOチャンピオンシップ第1日(米カリフォルニア州、シャーウッドCC)
 金谷拓実(22)=東北福祉大4年=は70で回り、松山とともに2アンダーで首位に6打差の39位スタートとなった。プロとして初めての海外戦。「初日があまり得意じゃないので、アンダーで終えられたのは良かった」と、ほっとしたよう。5番で4メートルを決めてパープレーに戻し、後半は2つのパー5をいずれも仕留めた。
 勉強中の英会話で現地のハウスキャディー、ジョンさんとコミュニケーション。「パッティングのラインを聞いたり。やはり現地の人はグリーンをよく知っている」と楽しそうに話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ