【フジテレビ系ドラマ「さくらの親子丼」明日はどうなる】風俗にスカウトされている夏美を救ってほしいとさくらにSOSが届く

2020年10月23日 13時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮部雪乃(新川優愛、左)、九十九さくら(真矢ミキ)

宮部雪乃(新川優愛、左)、九十九さくら(真矢ミキ)

  • 宮部雪乃(新川優愛、左)、九十九さくら(真矢ミキ)

〈10月24日(土)午後11時40分放送〉

 入居者の梨花(永瀬莉子)は「父の所に帰りたい」と自分の意志で自宅に戻った。心配する弁護士の雪乃(新川優愛)は、梨花を説得しようと待ち伏せするが、父・利晴(東根作寿英)に追い返される。
 さくらの携帯に、かつての入居者、新城由夏(岡本夏美)からSOSが入る。由夏が相談にのっている少年院上がりの西川夏美(西本まりん)が、悪質な風俗にスカウトされており、救ってほしいという。
 一方、新しい入居者、室井拓真(後藤田しゅんすけ)は、中山源一(青柳文太郎)のもとで畑仕事を真面目にこなしている。拓真は母親から虐待を受け、首を絞められた。拓真一命をとりとめたが、母親はマンションから飛び降り、意識不明の重体。拓真の弁護士に雪乃が担当することになる。
 さくらは地域の役員・岡林(鶴見辰吾)に家に招かれる。
〈概要〉
 女優真矢ミキ(56)が子供シェルターの食事スタッフ、さくらを演じるシリーズの第3弾。
 2017年の第1シーズン、2018年の第2シーズンで子供たちと向き合ったさくらは、12月までの第3シリーズでも、親に虐待を受けたり、殺されかけたりして深刻化する家庭問題に苦しむ少年少女に向き合う。
 第3シーズンには、お笑いタレント山崎静代(41)、女優新川優愛(26)が加わる。山崎はシェルターのホーム長・多喜役。新川は新米弁護士役。東海テレビ制作の「オトナの土ドラ」枠で、土曜午後11時40分から放送する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ