本文へ移動

菊花賞2度制覇の名手ルメール鞍上は心強い!! ‘’夏の上がり馬‘’アリストテレスが波乱起こすぞ

2020年10月23日 12時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アリストテレスで一発狙うルメール騎手

アリストテレスで一発狙うルメール騎手

 ◇第81回菊花賞(25日・G1・京都競馬賞・芝3000メートル)
 未知の魅力たっぷりなのが、目下2連勝中のアリストテレスだ。金曜朝は栗東坂路を軽く駆け上がり、日曜の決戦に向けて調整。蛭田助手は「いつも通りの感じで、現段階で力を出せる状態です」と、臨戦態勢は整っている様子だ。
 春は若駒S―すみれS―プリンシパルSと、重賞を使わずに賞金加算をもくろんだが、青写真通りにはいかなかった。それでも、休養を挟んで馬体を増やした夏に自己条件へ目先を変えると、2走前は2着に2馬身半差、そして前走も4分の3馬身差をつけて完勝。「春は時計がかかるレースの方がいいと思っていましたけど、最近は意外と時計が速くても対応できていますね」。成長に比例してレースぶりに幅が出たことで、結果も伴うようになった。
 全馬にとって未知の3000メートル。こなすには気性面が最重要課題になる。エピファネイア産駒は父に似て前向きな馬が多いが、「折り合いは問題ないので、距離は大丈夫」と同助手は胸を張る。そして、騎手の腕も試される長距離戦において、16、18年と菊花賞を2度制しているルメールの手綱も心強い。
 時に波乱を巻き起こす“夏の上がり馬”。抽選突破の勢いにも乗り、無敗のクラシック三冠を目指すコントレイルの前に立ちふさがる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ