知事、草津市長が立命館理事長らと意見交換 

2020年10月23日 05時00分 (10月23日 12時16分更新) 会員限定
意見を交わした(左から)橋川市長、三日月知事、森島理事長、仲谷学長=大津市の県公館で

意見を交わした(左から)橋川市長、三日月知事、森島理事長、仲谷学長=大津市の県公館で

  • 意見を交わした(左から)橋川市長、三日月知事、森島理事長、仲谷学長=大津市の県公館で
 立命館大びわこ・くさつキャンパス(BKC、草津市)と、周辺地域の発展に向けた、県、草津市、学校法人立命館(京都市)の三者による意見交換会が二十二日、大津市の県公館であった。大学側は、BKCに文理融合型の新領域の研究拠点を作るとともに、社会起業家の育成を進める方針を示し、県・市側もこの点で連携を深める方針で一致。三者は今後も、定期的に協議の場を設ける。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧