J1名古屋・稲垣、ボランチとして大事なのはメリハリ 今季初のアウェー2連敗の反省生かし23日仙台戦へ

2020年10月23日 11時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
J1名古屋・稲垣

J1名古屋・稲垣

  • J1名古屋・稲垣
 名古屋グランパスは22日、仙台戦に向けて愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。主力の守備的MF稲垣祥(28)は中2~3日の過密日程で迎える5戦目であることを踏まえ、ピッチでチーム状態の見極め、攻守両面でメリハリをつける重要性を強調した。
 川崎と横浜Mに今季初の連敗を喫したアウェー2連戦から一夜。稲垣は体力消耗から精彩を欠いた横浜M戦で、軌道修正できなかったことを反省した。再び中2日で迎える仙台戦へ「メリハリを利かせて、できること、できないことを試合の中で判断しながら進めたい」と冷静なゲーム運びで勝利を狙う。
 名古屋への移動を挟むなど調整期間はわずか。「全員が踏ん張るところは踏ん張ってやらないといけない」と奮起を誓いつつ、体力の100%回復が難しいからこそ、攻守両面で試合の要所を押さえる大切さを説く。
 「全体のコントロールはボランチとして大事な役割」と稲垣。冷静な判断を貫き、ホームで仕切り直しの勝ち点「3」につなげる。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ