コロナ禍でも市街地に活気を 豊田市駅近くで24日からマーケット

2020年10月23日 05時00分 (10月23日 11時18分更新) 会員限定
石畳の一部に敷かれた人工芝=豊田市喜多町のコモ・スクエアで

石畳の一部に敷かれた人工芝=豊田市喜多町のコモ・スクエアで

  • 石畳の一部に敷かれた人工芝=豊田市喜多町のコモ・スクエアで
  • マーケット限定で販売する「豊田の森のタンブラー」=豊田市で
 豊田市の中心市街地で二十四、二十五両日、農作物やアクセサリー、玩具などを扱う「トヨタ・ストリート・マーケット」が開かれる。KiTARAをはじめとした商業施設や分譲マンションなど再開発が進むと同時に身近な生活圏でもある市の中心市街地を舞台に、コロナ禍の中でも快適かつ安心して過ごせる市民の社交場づくりを目指す試みの一つ。 (服部桃)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧