<豊山町の課題> (上)学校老朽化「待ったなし」

2020年10月23日 05時00分 (10月23日 11時01分更新) 会員限定
9月から稼働を始めた新給食センター=豊山町青山で

9月から稼働を始めた新給食センター=豊山町青山で

  • 9月から稼働を始めた新給食センター=豊山町青山で

 八月、豊山町の全小中学校の給食を調理する新たな給食センターが同町青山に完成し、関係者にお披露目された。新給食センターは食材搬入から調理までの工程を一方通行にして食中毒のリスクを軽減する一方、アレルギー食専用の調理室や見学スペースを新たに備えた。一九七八年に建てられた同町豊場の旧給食センターの老朽化が進み、最新の学校給食衛生基準を満たしていなかったことから、昨年六月から総事業費十六億四千八百八十万円で建設が進められていた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧