本文へ移動

福祉施設で一人で公演200回 扶桑の小坂さん

2020年10月23日 05時00分 (10月23日 11時02分更新)
200回目の公演で、南京玉すだれの妙技を披露する小坂さん=江南市河野町の大型デイサービスセンター太古の湯で

200回目の公演で、南京玉すだれの妙技を披露する小坂さん=江南市河野町の大型デイサービスセンター太古の湯で


 江南市の福祉施設に勤める介護福祉士の小坂久留美さん(69)=扶桑町斎藤=が、高齢者向けに琴やアコーディオンの演奏、マジックなどの「ひとりパフォーマンス」を続け、二十二日に公演が二百回目を迎えた。「原動力はお年寄りの笑顔。楽しんでくれることが生きがい」と、これからも芸を磨いてお年寄りに笑顔を届けていくつもりだ。 (鈴木里奈)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧