本文へ移動

肝パンカワハギ 沖堤防で24センチ頭に舞う 鹿児島港・北ふ頭

2018年12月15日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ようやく出会えた肝パン24センチ。これで念願の刺し身が

ようやく出会えた肝パン24センチ。これで念願の刺し身が

 毎年、冬になると食べたくなるのが肝じょうゆの刺し身だ。肝のうま味が溶け込んで濃厚な味わいとなり、一度食べたら誰もが病みつきになるほど。餌取り名人・カワハギの肝は絶品で、大物が釣れると跳び上がるほどうれしいものだ。鹿児島港・北ふ頭(鹿児島市)の沖堤防で肝パンカワハギを狙った時の様子を紹介したい。 (釣りライター・河野剛志)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ