<わがまち遺産> (4)古今伝授の里(郡上市)

2020年10月23日 05時00分 (10月23日 10時31分更新) 会員限定
東氏館跡の出土品などが展示されている東氏記念館=郡上市大和町で

東氏館跡の出土品などが展示されている東氏記念館=郡上市大和町で

  • 東氏館跡の出土品などが展示されている東氏記念館=郡上市大和町で
  • 薪能「くるす桜」で舞う常縁の霊=郡上市大和町で
 鎌倉から室町時代にかけて郡上を治めた東氏(とうし)一族。九代目の常縁(つねより)は古今和歌集の解釈などを秘伝する「古今伝授」の祖とされ、東氏館跡が残る郡上市大和町には和歌をテーマとした野外博物館「古今伝授の里フィールドミュージアム」がある。武家歌人常縁がこの世を去って五百年以上たったが、その思いは大和の人々に受け継がれている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧