雑穀・シコクビエのげんこつあめ開発へ 飛騨高山高の生徒

2020年10月23日 05時00分 (10月23日 11時36分更新) 会員限定
畦畑さん(左)がげんこつあめを作る様子を見学する生徒たち=高山市山田町の飛騨高山高で

畦畑さん(左)がげんこつあめを作る様子を見学する生徒たち=高山市山田町の飛騨高山高で

  • 畦畑さん(左)がげんこつあめを作る様子を見学する生徒たち=高山市山田町の飛騨高山高で
 高山市山田町の飛騨高山高校園芸科学科流通サービス専攻の生徒が、希少な雑穀「シコクビエ」を使ったげんこつあめの開発に取り組んでいる。二、三年生の六人が二十一日、同校で市内の老舗菓子店「打保屋」の職人からプロの技を学んだ。 (加藤佑紀乃)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧