外国人ら100人解雇へ シャープ三重工場、下請けが事業撤退

2020年10月23日 05時00分 (10月23日 05時01分更新) 会員限定
下請け会社が労働者派遣から撤退するシャープ三重工場=三重県多気町で

下請け会社が労働者派遣から撤退するシャープ三重工場=三重県多気町で

  • 下請け会社が労働者派遣から撤退するシャープ三重工場=三重県多気町で
 シャープ三重工場(三重県多気町)に労働者を派遣する下請け会社が十一月に同工場での事業から撤退し、従業員の三分の二程度に当たる約百人を解雇することが、複数の関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生産縮小の影響を受けたとみられ、解雇される労働者の多くがフィリピン人という。
 この会社は、同県松阪市の「ジーエル」。二次下請けとしてシャープ三重工場に液晶パネル生産の作業員を派遣していた。事業撤退に伴う解雇は十一月中旬ごろを予定し、労働者には今月半ばに解雇予告の通知を出したという。
 シャープ三重工場はカーナビ向け液晶パネルなどを生産。同社決算資料によると、コロナ禍の経済的な混乱で納入先工場が稼働停止するなど、二月以降、大きな影響が出た。さらに三重工場は昨年、海外生産移転によって大幅減産となっていた。ジーエルは早期の業績回復を見込めず事業撤退を決めたとみられる。解雇人数は百人を下回る可能性もある。
 関係者によると、県や松阪市は三重労働局と連携し、解雇される労働者の支援体制を整えている。県は庁内に対策チームを組織し、シャープ側に雇用維持を要望することも検討しており、松阪市は解雇...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報