本文へ移動

愛知の芸大6人合同展 25日まで名古屋の市民ギャラリー矢田

2020年10月23日 05時00分 (10月23日 05時00分更新)
川西里奈さんと押谷藍花さんのインスタレーション「room」

川西里奈さんと押谷藍花さんのインスタレーション「room」

 愛知県内の芸術大で学んだ若手作家6人による合同展「motion(モーション)#5」が名古屋市東区の市民ギャラリー矢田で開かれている。25日まで。入場無料。
 県立芸術大、名古屋芸術大、名古屋造形大の在学生や卒業生を、各大学が2人ずつ推薦。鑑賞に訪れる市民と、若手作家との双方にとって新たな発想の刺激となるよう、隔年で開催している。
 ともに県芸大3年の川西里奈さんと押谷藍花さんは、「room」と題したインスタレーション(空間芸術)を合同制作した。
 作品の中心となる動画では、作家が互いの部屋で生活について語り合う。整えられた部屋で丁寧な料理を楽しむ川西さんと、服や食器が雑多に置かれた部屋に住み食事に無頓着な押谷さん。対極にある暮らしから、彼女たちが秘める感情が垣間見え、生活とは誰の何のためにあるのかという問いが浮かびあがる。 (高岡涼子)

関連キーワード

おすすめ情報

文化の新着

記事一覧